無い物ねだりのコンプレックス

私たち一家の女性はみんなバストのサイズが大きいです。
「羨ましい」と言われることがほとんどですが、私はこの胸をコンプレックスに感じています。
年頃の中学生、高校生の頃は同い年の女の子よりも大きい事で指摘される事もありました。
本人はきっと羨ましい思いで「大きいね、何カップなの?」と聞いて来たのかもしれませんが、人並み以上な大きさが私は恥ずかしかったのです。

ちなみにサイズをちゃんと測ったことはなく、私はずっとCカップの下着を買っておりました。
社会人になり初めて彼氏が出来た時は、彼氏が興味を持ってくれたり褒めてくれたりもあったので少しだけ自分の体が好きになりました。
しかし、自分を可愛らしく見せようとファッションに敏感になり可愛らしいブラウスを着てみようとすると、胸元のボタンがほとんど入らないのです。
その為に断念した服は多く、とても悔しい思いをしました。
また私は身長が155センチと標準よりも少し小さめで、胸の大きさとのバランスの悪さを感じていました。
胸の大きな女性と言うといいイメージに捉えられがちですが、洋服は好みと別に選ばなければいけませんし、男性からセクハラ発言を聞く事もあります。
私は最近になって自分の本当のサイズがEであることを教わりました。
好みの下着にサイズがない事もありますし、私はやはり本当のCカップ程度に1番憧れを感じます。
セルノートの口コミはこちら